お正月旅行の予約、大丈夫ですか?

夏が過ぎて、子供達も普段の生活に戻って過ごしやすい季節がやってきます。なんて油断しているとすぐに冬となり、クリスマス、年末と慌ただしくなり、あっと言うお正月を迎えることになります。

なぜかはわからないのですが、我が家も実家の方がお正月は家以外で迎えたいらしく、予約をしくじると大変なことになります。ぶっちゃけ、今、9月中旬ですが、もう結構予約でいっぱいです。

  [スポンサーリンク]

正月旅行の課題

主に二つ「予約がとれない」「高い」に尽きると思います。今回は、この二つを一気に解決するトリッキーな方法を書いてみます。ちなみに今回は国内旅行に限定してます。(海外についてはまた、どこかで記載しますのでご期待の程。急ぎの方はページ後半より直接コンタクト頂ければコメントしたいと思います)

普通のやり方

普通だと上記には正攻法がありますが、後者の「高い」には強烈に効果のある正攻法は難しいと思います。これは需要と供給にそった市場の原理に沿ったものなので、クーポンや会社の福利構成等、見落としがちなものを丁寧に拾ってチェックしてみると良いかもしれません。が、年末年始は使えないものも多いのが難点です。こうなったら今年は致し方なし!と割り切って、気持ちを切り替えて豪勢に行くのが一番かと思います。

一方、「予約が取れない」の方には、やはり「早めの予約」が正攻法でしょう。本日、9月中旬、もう良いところは大抵埋まってしまってますよね。正攻法でいくなら来年頑張ろうと反省しつつも、一発逆転でネット予約に完全対応していない良い宿狙いも結構ありますので、そこを狙います。これは満室と表示されている宿に電話をかけまくる方法です。ネットでは満室でも、案外予約が取れる所もあります。労力がかかるのと、ハートが強くないとできないのが難点ですね。相手の宿もそんな電話がガンガンかかってくるので、対応が冷たい所も多いです。ネット情報は知らんぷりして「知人から素敵な宿だと聞いたので」とか、相手をおだてつつ聞いてみるのが良いかもしれません。ちなみに、私は数年前まではこの方法で、じゃらん高評価の宿を逆転確保していました。

穴場の狙い目

で、前置きが長くなりましたが、それはそれで有益な情報だと思うのでご容赦を。こっからは、きよしのっぽい発想になります。正月に向けてうまる宿も多くなる一方、その分、一般の家や部屋は、そこに向けてお出かけするために空室になるのではないでしょうか? つまり「今はまだ確定していない、でもこれから出てくる部屋もあるのではないか?」という考え方で攻めようと思います。ずばり「民泊」狙いです。民泊の場合、オーナーさんのお正月の予定がまだ決まっていない方も数多くいらっしゃるのでは? という仮説から考えてみました。

民泊について

そもそも民泊とは何ぞや? から入った方が良いでしょう。文字からご想像がつくと思いますが「自らの家を宿として提供する」というものです。

こんな豪華なお部屋を借りるとなると、物を壊さないか心配で落ち着かないですねー

今までは旅館業法等、色々と法律の壁があり難しかったですが、2018年からの施行を目指して(前倒しも検討中)、民泊新法(住宅宿泊事業法案)方が整備され、民泊ができるようになりました。楽天とLIFULLが共同で事業参入を表明したニュースは記憶に新しいです。

この辺、「民泊の教科書」というサイトが極めて優秀で、すごく内容理解できるようになりますので、ページ後半にリンクを貼っておきます。是非、ご一読頂ければと思います。

[スポンサーリンク]
お正月まだ間に合うようですよ。

メジャーどころ

色々書いてみるものの、現時点で国内の法律は施行されておらず、現行では聞いたこともないような仲介業者を使うのはちょっとリスクが多いです。なので、すでに日本の家もホストしている比較的大きなサイトについてご紹介しておきましょう。※いずれもサイトへのリンクは後半に貼ってあります。

Airbnb


泣く子も黙る最大手です。大手だけあって普通の宿泊検索サイトにしかみえないです。体験コースを提供するところは外国人向けですが、英語はしゃべられずともガイドは日本人でしょうから、参加したいと言えば参加させてくれるかも。

Homeaway


グローバルでは大手とのことですが、日本ではそこまで有名ではないかもしれません。が、物件が普通っぽくて今回のニーズにあっているかもしれません。お正月を過ごしたくなる純日本風の部屋も掲載がありますが、やはり値が張りますね・・・

FlipKey


これこそ民泊!といった感じのサイトです。英語しかないです。が、むしろそこが狙い目で、リーズナブルなお部屋が提供されてます。運営会社には英語でコンタクトしないといけないでしょうが、ホスト(お部屋の提供者)とは日本語で話せるでしょうから特に問題ないと思います。

で、どうするんだ?

ずばり、お正月は海外で豪遊するような方々の部屋がこれからゴロゴロと出てくるはずとみてます。東京だとちょっとしたホテルより豪華な部屋を、何を生業にしているかわからないような人がたくさん所有してます。なので東京は民泊の鉄板と見てますが、地方にもこういうリッチな方々がそれなりにいるのではないでしょうか?

受動的に民泊サイトを狙うのもよいですし、今はネット社会なので個人で募集したら手を挙げられる方も期待できそうです。温泉街とか、結構空き家も多いですからね。

参考リンク

Airbnb: 現地の人から借りる家、体験&スポット
ホームアウェイで民泊:短期滞在用の別荘・ヴィラ等のバケーションレンタル
FlipKey: Vacation Rentals(英語)
民泊の教科書

最後に

逆に自らお正月に部屋を提供したいという方がいらっしゃいましたら、是非コンタクトいただきたいです。上手くコーディネートさせて頂こうと思います。

また大手民泊サイトは国内向けだけでやっているものが少なく、サイト自体は日本語でも説明が英語だったりする所も少なくないです。もし、今回、民泊に挑戦してみたいという方で、最初は不安だなとか、英語はちょっと・・・とか、いう方がいらっしゃいましたら合わせてお気軽にコンタクト下さい。

[スポンサーリンク]

どんな事でも結構なので「お問い合せ」からお気軽にコンタクトください。雑談だけでも大歓迎です!

メアド不要のTWITTER DMからでも受け付けております。相互フォローだけでもありがたいです!!



クリック協力お願いします!