電子書籍について

最近はもはや電子化されていない本も少なくなって来たかも知れませんね。もちろん、まだ紙でないと読めない書物もありますが、自炊代行問題とか、いまだグレーでクリアされない面もたくさん残っている製品です。しかしながら時代の流れとしては電子化に進んでいくことは確実でしょうね。

  [スポンサーリンク]

電子書籍との出会い

そもそも活字は好きですが、物理的な物を所有するのが苦手な性格。電子書籍がリリースされる前から、書類にせよ、本にせよ電子化して所有してました。古くは1ページごとにコピーして、かつては全盛を極めていたFAX(取り込み)ソフトで丁寧にかつ、「膨大な時間をかけて」データ化していたものです。
その後、iBooksやkindleが登場して、最初はコンテンツの乏しさに絶句しながらそれでも、その中で面白そうなものを見つけては購入していたものです。
また、ガラケーの方でコミックの提供が盛んになって、いろいろなサービスを使っていました。

メリット

やはり物がなくなるというのが最高です。自分は部屋であろうが、どこであろうが物が目に入ると気になってしまうタイプなので、極論するとまったく何も存在しない真っ白い壁だけでできた部屋が理想です。本も例外ではなく、とにかく視界には入れたくないタイプなので全てがPCやタブレットに入っていてくれる状態は望ましいです。また、外やカフェはもちろん、川辺や公園で何気なく読書をするのが好きなので、沢山の本を手軽に持ち歩けるのも僕にはぴったりです。
あとkindle+iPhoneの話になりますが、多くのコンテンツが読み上げに対応してます。最近だとオーディブルのような読み上げを前提としたサービスも充実してきましたが、はやりkindleの方が選択肢は広いです。これらの本を聴きながら、ランニングや筋トレといった読書には向いていない時間に同時こなしていけるというのも非常に大きな魅力となってます。(読み上げの方法はページ後半に参考として記載しておきました)

デメリット

よく言われるのが電子書籍だと頭に残らないということです。確かに昔はそんな気がしてました。ただ、いまは全くそんなことはありません。多分、既成概念としてスマホやタブレットを目にした時の脳の動きと、紙でできた本を読む時の動きが違っていたのかと思います。脳は勘違いする部位なので、それまで何十年も慣れ親しんできた教科書的なスタイルと最近急に出現したデバイスを目の当たりにした際で誤解していたのだと思います。たしかにスマホは頭を使うというよりは眺めてるデバイス、本は脳を活発に動かして吸収スタイル。大きな違いです。
とはいえ、慣れてしまえばなんてことはないです。今は全く紙であろうが、電子媒体であろうがほぼ変わりない感覚で書に触れることができるようになってます。

種類

さて、電子書籍といってもいろいろなものがあります。デバイス評価をここでやっても仕方ないので、実践的にどのようなスタイルにどのようなデバイスがマッチしているのかを分析して見たいとおもます。

Fujisan


一番に紹介したいサービスです。実書籍も多数扱っておりますが、専門書系の雑誌電子書籍が本当に豊富です。雑誌ってどうしても増えてしまうので、本当に助かっています。ページ後半にリンクを掲載しておきますので、是非一度、訪問して頂きたいと思います。

iBooks


のちに出てくる自炊(紙書籍を自分で電子化する作業)したPDFはこちらで管理してます。kindleにまとめてしまっても良いのですが、私の場合、取り込み作業がMACで実施している関係上、iBooksを使います。本音を言うと、いろいろ不満も多いソフトですがアップデートに期待しているところです。少なくともデバイス間同期はもっと容易にできるようになってほしいです。

Kobo

最近は殆ど聞かなくなってしまった楽天が発売している電子書籍デバイス。楽天books自体は電子書籍を一つのカテゴリとして扱っているので、扱いやすいサイトですが、もう今はコミックに特化している感じですかね。漫画は大変力を入れております。kindleと同様に各デバイスでアプリも提供しているので、今後も殆ど手にすることはないかと思います。

Kindle

一番のオススメです。実際にはAMAZONが販売しているKindle Fireは所有してません。iphone、ipad、MacBookAirに取り込む形です。どこデバイスでもどこまで読んだか、最終ページを同期してくれるのでとても使いやすいです。コンテンツも大変豊富でやはり最強ではないかと思います。とにかく購入から読了までがスムーズ。UIと複数デバイスの連携がもっとも優れていると思います。

[スポンサーリンク]

iPhone kindleアプリによる読み上げ

やり方は簡単です。「設定から入って以下のスクリーショントに沿って機能をオンにしてください。

「設定」から一般をタップ。
アクセシビティーを選択
スピーチを選択
画面の読み上げをONに。
kindle画面にて赤線に沿って二本指で同時に上から下までスライド(スピードとかにコツがいります。慣れれば大丈夫です)。成功すると青丸のスピーチコンントローラーが表示されます。

本に画像や表のページが入ると読み上げが止まりますが、再度二本指スライドを実施するとまたコントローラが出現して、一旦、「このページは読み上げられません」というエラーが発生しますが、そのまま次のページから読み上げを再開します。

自炊代行について

これはこのテーマを語るには触れておかないといけないものかと思います。かつて最高裁の判決が下るまでは、自炊作業を代行する会社がたくさんこの世には存在してました。わたしも大変便利に利用させて頂きましたが、一部の作家が構成する団体とそういった会社で訴訟がおきました。
そもそも著作物の複製は「私的利用」に関しては何の制限もされておりませんので、自炊行為自体は全く問題ありません。現在の判断では自炊を代行する作業は著作権者の許可がない限りほぼ不可能です(家族に頼むとか秘書に指示して作業をさせるといったことはOKです)
実際、私が愛用して、最後の最後まで裁判で戦った「スキャポン(ドライバレッジジャパン社)」は敗訴後、ほそぼそと書類とった著作権が問題視されないものに限ったスキャニングサービスを続けておりましたが、現在はその存在を知るすべがありません。今も運営している会社もいくつかありますが、基本的にお客の方で自ら著作者に許可を取ったもののみを代行してくれる形が多数になります。

実際、グレーなことしている会社もあったりましす。私としては電子化を拒否する著作者の思いは100%保証されるべきと考えてます。
一方で、現在、コンテンツは昔比べ星の数ほどこの世に存在し、それが容易に手に入る世の中になりました。もしライツマネージメントの関係で電子化を拒否している作者がいるとしたら、それは無知に近いのでそのような方が記載したものを読む時間があったら、別のものを読みますので問題無いです。
ただ、文化とかアイデンティティー的に電子化を受け付けないという著作者が書くものは、むしろ大変価値の高いものが多いので、ここが悩ましいです。

参考リンク

雑誌のFujisan.co.jp
楽天Books(電子書籍)
kindleストア

最後に

本が好きな方、是非情報交換しましょう。雑誌とかも読み漁っているのですが、最近はじっくり読書する時間がなくて困ってます。オススメがあれば実書籍、電子書籍問わずに教えて欲しいです。読書感想会なんかも企画したいですね。
あとTUTAYAのコミックレンタル、オススメですよ。なぜか漫画は電子書籍ではなく、実物を手にして読みたいです。これも”三つ子の魂、百まで”といった感じで、幼き頃のスタイルがどうしてもしっくりきてしまうせいなのでしょうか・・・

[スポンサーリンク]

どんな事でも結構なので「お問い合せ」からお気軽にコンタクトください。雑談だけでも大歓迎です!

メアド不要のTWITTER DMからでも受け付けております。相互フォローだけでもありがたいです!!



クリック協力お願いします!