AMAZONアソーシエイト承認頂きました。

なかなか通らないと有名なAMAZONアソーシエイト(アフェリエイト)のサイト承認。確かに適当にやって通る類のものではないようです。とはいえ、ちゃんとやっていても通らないのは納得がいきません。物凄く沢山の記載があるこのテーマですが、私も自身の経験を残したいと思います。

  [スポンサーリンク]

結局のところ

10回はいってないものの、6、7回は申請しました。却下の理由を全く教えてくれないので、大変無駄な時間を過ごしたかもしれません。とはいえ、一つ一つレクチャーしていたらAMAZON側が崩壊してしまうのでしょうから仕方ないのでしょう。

知り得たノウハウ

通すために様々な先人のサイトを参照しました。その結果、購入に使うアカウントで申請するとか、(著作権の関係上)画像の利用を可能な限り控えるとか、問い合わせページを設置するとか、どのサイトにも書いてあることはここでは割愛します。一通り、理にはかなっていると思いますが、本当に却下理由は一つではないので、これをしたら申請が通るというものでもないかと思います。

私の場合

アクセスログからルートページ以降、全く見てもらっていないことがわかりました。まず、ここで当てはまらない方は以降の理由は無関係かもしれません。そもそも却下メールにもよくサイトに掲載されている「よくある却下理由一覧」ものっておらず、あっさりしたものでした。

XXX様

Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

このほどご連絡いただいた追加を希望されるURLの内容を確認させていただきました。

http://kiyoshino.club/ (←このサイト)

残念ながら当プログラムでの審査基準に合致しなかったため、このほどご連絡いただいたURLの追加を承認いたしかねますことをご了承くださいますようお願い申し上げます。

アソシエイト・プログラムをご利用いただき、ありがとうございました。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ
ご利用ありがとうございました。

Amazon.co.jp

滞在時間もチェックした方がよいです。私の場合、本当に一瞬だけルートページをみて却下になっているので、ここが承認、非承認の大きな分かれ目であることが理解できました。

どうしたらよいのか?

上記から、とにかくトップページが重要であることがわかりました。本サイトはダイレクトリンクで記事に飛び込んでくるユーザーが殆どであるという想定だったので、実はトップページはwordpressのデフォルトで、最新記事のサマリが並ぶだけというお粗末なものでした
(とはいえ、キャッチアイとかはきちんと表示されるように改修を施し、デザイン的には満足のいくものでしたが。)
要は初めてトップレベルドメインにランディングする方に、このサイトが何なのかわかるように記載することがポイントなのではないかと思ってます。これはAMAZONアソーシエイトを無関係に、冷静になれば当たり前のことで、トップドメインが表示するサイトは極めて重要です。ここは手を抜いたらいけないと思います。読んでいただく以上、しっかり読者に何のために、そして何が狙いでサイトを運営しているのかを説明する義務があると思います。

サイトを立ち上げるには当然、「思い」があったのでそれを表現してみました。実際には、まだまだ思いは表現しきれていないと思うので、このページは随時更新していきます。

最後に

トップページ(”/”で完結するページ)をなめていてはいけません。最近の動向からいうと記事ページでランディングすることの方が圧倒的ですが、そこから深くページを知ろうとしたユーザーはトップやaboutをしっかり読みます。AMAZONはそこをアソーシエイト承認可否の重要なポイントにしているのかも知れません。

こういったサイト運営の悩みや苦労に陥っている方、または逆にサイト運営絶好調な方も個別の交流を深めませんか? おそらく楽しい会話が進むと思うのですが。

[スポンサーリンク]

どんな事でも結構なので「お問い合せ」からお気軽にコンタクトください。雑談だけでも大歓迎です!

メアド不要のTWITTER DMからでも受け付けております。相互フォローだけでもありがたいです!!



クリック協力お願いします!