結局ジュニアNISAってどうなんだ?

すこし落ち着いてきた感じですが、NISAのブームが去ってイデコが次のバズワードになって久しいですが、最近はあまり聞かなくなったジュニアNISAってどうなのでしょうか?

  [スポンサーリンク]

そもそもとNISAとは

「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」。つまり儲けに税金がかかりません。年間120万という制限があるものの、この範囲で買っている限り、儲けに対して非課税です。通常はざっくり10%ととか20%ととかとられますので、相当お得な制度と言えます。さらにNISAは商品ではないです。あくまで口座名です。よく[NISAかわないと!」とかほざいている(うちの母親みたいな)方を見受けますが、購入する商品はあくまで株や債券、投資信託です。これを一般課税される通常証券口座で管理するか、非課税制度が用意されているNISA口座で管理するかの違いです。
通常、NISA口座のみを所有するというパターンはあまり聞かないので、使う使わないはともかく、通常口座もみなさん、お持ちになってます。が、税金がもったいなのでNISAにしか資産を保管しないという構造が一般的です。
ただし、当然ですがもう買った場合の話です。損してはいけません。
この手の物には細かい話や、以前はこうだったとか、僕らにとってはどうでも良い話が多いです。なので、以下だけ覚えてください。

毎年、年間120万までの投資には税金がかからない

こんだけで十分です。

ジュニアNISAとは

で、ジュニアNISAとかいう怪しいものも登場してきました。正直、似たようなもんです。親や祖父母のお金も市場に回そうとして整備されたものですが、こっちは年間80万という枠以外に「18歳まで払い出し不可」というトラップがしかけれられてます。
たとえば10歳のとのき80万のNASA講座で投資した場合、5年間は非課税です。このタイミングで引き出すことは可能は可能ですが、その場合は一般課税されます。あくまでそのまま18歳まで凍結させて、そのあと引き出す際は非課税になるという仕組みです。
こちらも細かい話が沢山あるので詳しくは各証券会社のHPを参照頂きたいです。
(が、詳しく知ってもしかない気もしますw)

結局あったほうかいいのか?

子供がいるならひとまず持った方がいいと思います。無理してまで突っ込む必要もなさそうですが、投資信託とかは大変リスクの小さい商品もNISA口座専用商材として取り扱われているので、金利が全くつかない昨今であれば、NISAで資産管理した方がまだマシ、という考え方もあると思います。とくに祖父母が孫にいつかは資産を託したいと考えているなら、このジュニアNISAをつかって相続するのは色々メリットがありそうです。

で、口座をつくるには?

これはネット検索で沢山見つかるのでそちらに託します。やたら手数料が低いところが進められますが、これはアフィリエイトとの関係もあるので、一概に安ければいいとは思いません。すでに証券会社や取引銀行があるな、多少の手数料を払っても、管理は統一されていた方が便利だと思います。UIUXも近いですし、グループ連携サービスも充実てますので。
(くれぐれもアフィリエイター達に騙されないようにしてくださいね!)

で、おまえはどうしてるの?

持ってます。自分のNISAも子供達のNISAも活用してます。が、僕はこういった資産運用をチャカチャカやるのが苦手なので、リスクの低い商品につっこんで、そのまま塩漬けです。余剰資産しかまわしてないのでそれでいいのです。

投資って、勝つ負けるよりもその人それぞれのライフスタイルにあっているのが大切だと思います。一概にデイトレーダーを批判したりしません。ルールや仕組みに沿って、稼いでらっしゃるのは皆同じだ思うので。
でも、そこに価値を感じない私のような人間は、ぶん投げて塩漬けにするスタイルがあっているようです。ぬか漬けをつくるのと同じ感覚です。

最後に

この辺の話は専門家と話しても、いまいち言っていることが理解できなかったりしますので、記事を読んで頂き、私よりもビギナーと感じていたり、これよりは少しだけ知識が多いよと言った方は是非、コンタクト頂ければ幸いです。

[スポンサーリンク]

どんな事でも結構なので「お問い合せ」からお気軽にコンタクトください。雑談だけでも大歓迎です!

メアド不要のTWITTER DMからでも受け付けております。相互フォローだけでもありがたいです!!



クリック協力お願いします!