ビットコインとか仮想通貨が話題ですが、一体なんですか???

いま、巷を賑わせているビットコイン。一体何なのかよくわかりませんね。なので、まずは基本的なところから始めて行きたいと思います

なんかものすごい儲かってるっていう人もいれば、あんまり儲かってなく今は特に暴落がすごいみたいですけど実際のところはどうなのでしょうか?

  [スポンサーリンク]

仮想通貨とは

一般的な通貨、たとえば我々が利用している「円」は日本政府が発行して、それを信用するする人たちの間で使われているものです。日本がこの紙切れは「こんだけの価値があることを保証しますよ」と勝手に宣言してわけで、それを信用している人たちの間で勝手に信用をもとに「ものが持つ価値」の代わりに利用されているわけです。「ドル」もまた同じことが言えます。アメリカ政府が発行した紙切れをアメリカを信用している人たちの間で、取引に使われます。

(クリックで拡大) お互いに「日本円」を信用しているもの同士で、実物の代わりとして使われる。逆にそれ以外の人には価値なし。

同じように何か信用できるものは別に国でなくてもかまいません。たとえば私が「この紙切れは1万円の価値がある!」と宣言したもの信じる人が10万人いるとすれば、その10万人の人同士であれば、私が発行した紙切れで1万円分のものを売買することができるはずです。

この「信用する何か」が仮想通貨の場合は、最近よく耳にする「ブロックチェーン」という技術なのです。これがなんなのか、どうして信用に値するのかはまた別で記載します。今日はまず考え方を押さえてください。

(クリックで拡大)  発行のところは色々、とっつきにくい話があります。なんかしらんが、世界中から少しずづ発行されると思っていてください。

ビットコインとは

ブロックチェーンにもいろいろ細かい技術の違いがあります。これらのうち、ビットコインを発行するブロックチェーンが決まっており、それを使って発行された仮想通貨がビットコインです。

他の仮想通貨(アルトコイン)

実はビットコインは発行の上限が決まってます(2100万コイン)。現在はその半分くらいの発行まで来ております。これは通貨として安定させる役割の一つで重要なのですが、その分、運用上はこまることが色々発生します。それを解決するために、これらと交換が可能な仮想通貨が存在します。これらをアルトコインと呼び、取引所があってレートに従ってビットコインや現金との交換が可能となってます。代表的なアルトコインを紹介しておきます。

イーサリアム(ETH)

ブロックチェーンの技術が革新的で、多くの大手企業が手をあげてます。資産形成には外せない存在と言えるでしょう。

イーサリアムクラシック

イーサリアムは実は一度、大規模なハッキングをくらってます。これは内部犯行に対する脆弱性をつかれたもので、技術的に弱かったわけではないのですが、そもそこそれすら通貨としてはまずいだろう、と考える人たちで(クラシックとはいいつつも)新しいイーサリアムが立ち上がってます。規模はまだまだ小さいかもしれませんが、通貨としてのリスクにはこちらの方が強いので、今後の動向が注目です。

リップル(XRP)

最大の特徴は発行主体があることがリップル社であり、そこがビットコインとは異なります。ビットコインとのブリッジ通貨を目指しており、MUFG等、金融機関がプッシュしております。送金に強いイメージがあり、イーサリアムと共に仮想通貨第2位、3位争いを繰り広げてます。

ライトコイン

ビットコインと最も違いがわかりにくい通貨です。暗号化方式やビットコインよりも先にsegwitを導入してトランザクションが軽いのが特長です。

ビットコインCash

こいつはひとつの記事になるくらい話なので、単純にビットコイン本家から分離したアルトコインだと思って頂ければ結構です。相場的には私にはまだ見えきってない感じです。ちょっとここは他のアルトコインとは別物と思っていた方がよさそうです。(つまり、気軽には手を出さない)

何に使えるの?

利用可能店舗リンクをページの後半に貼っておきました。オンラインではもう結構使えますよね。決済時に「bitcoin払い」と文字やアイコンを目にします。
一方、リアル店舗はまだまだといったところですが、インバウンド旅行者を期待する家電業界は既に利用可能な店舗が増えております。
例)ビックカメラ、コジマ(一部の店舗のみ)、ソフマップ(一部の店舗のみ)

どうやってもつの?

取引運営会社が多数存在します。その中から気に入った会社で口座を開設すると購入可能です。※私のお勧め「ビットフライヤー」社、「QUOINE株式会社」へのリンクをページ後半に貼り付けておきます。

儲かるってどういうこと?

株等の投資と一緒です。例えば1BTC=50万で購入して、1BTC=60万まで相場が上がった時に売却すれば10万円の利益となります(当然、税務処理等が発生する場合がありますので、それぞれの運営会社の説明をしっかりとご確認ください)。
結局、ビットコインは上記の通り、神様でも上限を超えて通貨を発行することはできません。どこが上限かはわかりませんが、無限に発行されるものではないので、一定の暴落は防がれることが技術的に確定しています

FXに似ているみたいだけど。

FX

対象は海外通貨。

仮想通貨

対象が仮想通貨。

違い

というわけで、考え方には違いはないのですが、FXにはレバレッジがあり、かつロスカット等、相場によっては意思とは無関係に資産の売却が必要なことがあります。一方、ビットコイン等仮想通貨は、あくまで日本で利用可能な実通貨なので、大幅なレート変更がない限り、実商品を購入できるのが一番の違いかと思います。

で、結局どうしたらいいの?

ひとまず口座を作ってみましょう。少額(=小銭)から始められるので、ゆっくりとリスクなく勉強することができます。実体験で学んでいくのが最も良い方法だと思います。
中でもビットフライヤー社はオススメです。私も同社の口座を開いてます。日本最大級の仮想通過企業ですし、スマホのUIがとても優しく、小さな説明も丁寧に為されていますのでとても安心です。最近QUOINE株式会社も評判が高いのでバナーをつけておきます。全く問題ない使い勝手と聞いております。

今後も仮想通貨については少しづつ記載を進めますので、「仮想通貨」カテゴリをチェックいただければ幸いです。

参考リンク

最近、急上昇中の取引所。オススメ!!



ビットコイン利用可能店舗
ビットフライヤー

仮想通貨にご興味をお持ちの方、情報交換しましょう。投資対象としても、技術対象としても面白いですよね。国際社会を考えるネタとしても目が離せなく、興味深いです。

[スポンサーリンク]
仮想通貨投資は情報収集が決めて!

[スポンサーリンク]

どんな事でも結構なので「お問い合せ」からお気軽にコンタクトください。雑談だけでも大歓迎です!

メアド不要のTWITTER DMからでも受け付けております。相互フォローだけでもありがたいです!!



クリック協力お願いします!